Maker's shirt 鎌倉

Maker's shirt 鎌倉

くろすとしゆきオフィシャルブログ

304:パンツとベルトの歴史


ベルトという名(昔はベルトではなくバンドと呼んだ)のアクセサリーは、表に出ることは少ないが、なくてはならない縁の下の力持ち。というか、主役ではないが渋い脇役といった役どころ。

主役はパンツ(さすがにズボンと呼ぶ人はいなくなったが、パンツは下着と思う中高年齢者は多い)だから、パンツの歴史とベルトの歴史は重なっている。

1960年代、アメリカ東部大学生のキャンパス・スタイル「アイビー・リーグ・モデル」の日本上陸とともに、ベルトに関心が集まることに。というのは、それまでのパンツ——いやズボンは、スーツの片割れで、表に出ることはほとんどない。ズボンがそれだからベルト、いや、バンドの役目はズボンがずり落ちないための小道具でしかなかった。

アイビーは、アイビー・パンツという名の若者たちの主役としての立場を確立する。自動的にベルトにも注目が集まることになった。

(つづく)

303:12月10日は「ベルトの日」


10月1日が「ネクタイの日」とは知らなかったと小欄で白状したばかりというのに、またも知らない服飾記念日があることを教えられた。洋服屋落第。

「ベルトの日」という名のネクタイの日によく似た日が12月10日にあるというのだ。この年になるまで一度も聞いたことがない記念日。

ベルトの日とは、正倉院収蔵の日本最古といわれるベルトには紺玉(ラピスラズリ)の飾りが付けられている。ラピスラズリは12月の誕生石、という訳で12月。また、クリスマスのジングルベルの「ベル」「10日(とおか)」の「と」を組み合わせて12月10日を「ベルトの日」に制定したという。

「ネクタイの日」も苦しかったが「ベルトの日」はもっと苦しい……。ごくろうさま!日本服装ベルト工業連合会の方々。

わたしは自分の口から言うのもナンですが、若者のベルト普及にはおよばずながら尽力したつもり。

(つづく)

302:カート・コバーンの聖なる遺物


米競売商「ジュリアンズ・オークション」はこうコメントしている。「ステージ衣装なんて着なかったカート・コバーンは『グランジ』の姿を確立した。このカーディガンは聖なる遺物だ」と。

「汚い」という意味の「グランジ」は、1980年代の華やかなロック・シーンの対極を突き、世界の音楽を一変させたが、コバーンは27才で自死した。

伝説の「グランジ・カーディガン」は、オークションにかけられ33万4千ドル(約3千6百万円)で落札され、話題を呼んだという訳。

3千万円という値が付いたのは、カーディガン自体にではない、カート・コバーンが死の前年まで身に付けていたからだ。このテのオークションはアメリカで盛ん。故エルビス・プレスリー、マイケル・ジャクソンらが身に付けていた衣装だから値が付く。熱烈ファンにとって、彼らの服ならいくら高くとも手に入れたい宝物。

(おわり)

301:世界一高価なカーディガン


恐らく世界一高価と思われる「カーディガン」の話題。

新聞によるとそのカーディガンは33万4千ドル(約3千6百万円)。3千万円もするカーディガンとは一体どのようなモノなのか……。長らく洋服屋をやっているが、わたしの想像をはるかに超えた金額。

世界の一流ブランドが、個人のためにスペシャルメードでつくったとしても3千万円はかからないだろう。

この世界一高いカーディガンは、一見どこにでも売っているハイボタン(5つボタン)で、写真で見た限り特別な素材とは思えない。たぶんアルパカだろう。一度も洗濯した跡がなく、たばこの火で焦げた穴まで開いている古着。

1990年代前半、オルタナティブ・ロックで世界中を席捲したバンド「ニルヴァーナ」のボーカル、故カート・コバーンが94年、死の前年のステージで着ていたというカーディガン。

(つづく)

300:おかげさまで300回


「さかさメガネ」がおかげさまで300回。

短かったのか長かったのか……。1回目(2014年2月)から100回目まではずい分長く感じた。200回(17年12月)からの100回は早かった。アッという間とは言わないが、気が付くと200回も半ばを過ぎていた。

5年前のスタート時を思い出してみる。週1回、原稿用紙1枚、400字の原稿を「鎌倉シャツ社」にFAXすることに。内容はわたしの自由、コマーシャルは一切入れない約束で。

なんでFAXかというと、わたしはパソコンが使えない。PCどころかケータイ、アイフォンのたぐいを手にしたことがない完全なるアナログじじい。この原稿も原稿用紙に鉛筆(UNI-3Bでなければならない)で、1文字1文字書き込んでいる。 

アナログ世界が、K社のおかげでブログ化されているという次第。ありがたいことだ。

(おわり)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

PAGETOP