『300 CLUB』に使用される綿は世界最高峰といわれる中国新彊(シンキョウ)地方、天山山脈の豊かな水源と雄大な大地で育まれた、世界で最も毛足の長い幻の綿素材と言われる「新彊綿」を使用しています。
番手とは、糸の太さを表す単位で、1番手は1gを約1.7mと換算し、糸の太さが細くなると番手数が大きくなります。
120番手の糸は1g約204mの長さになるのに対し、300番手ともなると、1gで約510mの長さにもなります。
一般的に高級なシャツの生地に使用される糸は80番手の糸を2本撚り合わせた「80番手双糸」で製作されています。
使用する糸が細くなるほど、原料である綿花を糸に加工する技術も特別なものが求められ、生産と品質のコントロールが非常に難しいと言われています。
『300 CLUB』に使用される300番手4本撚りは、世界で最も「毛足」が長い綿である「新彊綿」の超超長綿(3.8㎝~4.0㎝)という稀少な素材を贅沢に使用しています。
現在の紡績(製糸)技術において、素材の持つ光沢、ハリやコシ、着用感、全てにおいて最高峰のスペシャルな素材です。


専業メーカーとして培った18年間の集大成、最高級の素材と熟練の高度な技が織り成す珠玉の1着がここに誕生しました。
その名は『300 CLUB』。300番手という幻の生地は、匠を操る職の更なる技を誘発し「一針入魂」の想いで丁寧に縫い上げられます。
『世界最高峰の素材』×『匠のJAPAN技術』良いシャツを作る喜びを感じる事、それは物作りに関わる私達にとって最高に幸せな事です。


国内の指定工場にて、熟練の職人の技術で一着一着丁寧に縫製され、品質には一切の妥協を許さず、心をこめてシャツを作っています。
この生地を扱えることは職人の誇りであります。
モノづくりの素晴らしさを伝えるため、頑なにMade in Japanを貫いています。

メッセージ
縫いながら、この手で感じる上品な肌触りと風合いで、この生地はとても良い素材だとすぐに判りました。そんな生地だからこそ、造り手としての手間を惜しまず、昔ながらの巻き伏せ本縫いで仕上げました。
その分、とても良い物が出来たと確信しています。
私達が心をこめて縫い上げたシャツを皆様がお召しになり喜んで下さる―それが私達職人の誇りとなるのです。
川南縫製代表 川南武義


300番手のの滑らかで上品な生地には、最高級の白蝶貝のボタンが相応しい。
白蝶貝は、古くからアクセサリーのパーツに用いられる最高級素材で、このボタンを使用しているシャツは最高級品と格付けされます。
前のページへ

300CLUB取扱店舗

オンラインショップ